こちらはメインのBlogである”物欲パンツ”の書庫中心の内容になります。自分で実際に使用したもののレビューネタから閲覧頻度の高いもの、コメントが多かったもの等を選んで保存しています。若干の加筆修正をしたり、より詳細な新ネタの投稿も行っております。何かのお役に立てれば幸いです。

2012年01月09日

ThinkPad T42のバッテリー死んでしまった…

ThinkPadのキーボードが6列アイソレーションになるネタを書いて、久しぶりに使っていなかったThinkPadたちの充電とメンテナンスをすることにしました。やっぱり複数台あるといつも使うもの以外は放置気味になってしまうので、OSのアップデートやら、バッテリーの充電やらが疎かになってしまうのです。




ところが、ThinkPadが好きといいながら…それはないだろ…ってネタをやってしまいました。一番最初に自分が新品を買ったThinkPadであるT42の14インチモデルですが、充電を放置しすぎて大変なことになってしまいました。電源を入れると電池マークがオレンジ色で点滅しています。オレンジ色の点滅自体はLenovoのサイト(コチラ)にもあるように”バッテリーを充電する必要がある”というものです。いわゆる充電がされていない状態です。通常なら、ここからオレンジ色の点灯である充電中だけど低電圧に移行するのですが、ずっとオレンジ色の点滅が止まらない場合もあります。この場合はいわゆる死亡宣告です。残念ながらあきらめるほかありません。
IMG_4959.JPG

IMG_4960.JPG




そして、T42はバッテリーのリコールなんかなかっただろうなと思い、予備として使っていたバッテリーをはめてみたら一応充電が始まりました。しかし、2ndバッテリーとなっているウルトラ・スリム・ベイバッテリーが同じ症状のようです。ふと、本体の右側を見るとちょっと分厚くなって膨らんでいました。
IMG_4931.JPG

IMG_4935.JPG




これはショックですね!引き抜くことも出来ません。しょうがないので、裏面のベイ側のネジを全て抜きました。その上でこんなラジオペンチで引っこ抜きました。工具マニアの人なら反応してもらえるかもなKNIPEXのメカニックプライヤーなるものです。歯がついていないのが良いのです。
IMG_4951.JPG




抜いたバッテリーはこんな感じに膨らんでいます。一昔前の携帯電話ではけっこう頻繁にみられるものですが、パソコンでは初めてです。バッテリーのそれは固いセルで、今回のそれは携帯のような軟いパックなのでしょう。しかし、膨らんでしまった筐体は戻りませんね、無理に力入れたら割れそうなので我慢です。これからは定期的なバッテリー管理をしていこうと思いました。それからベイ内蔵タイプのバッテリーは保管時は外して保存が良いかと思いました。
IMG_4939.JPG

IMG_4941.JPG


KNIPEX(クニペックス) メカニックプライヤー 3811-200
クリエーター情報なし
クニペックス

タグ:thinkpad T42
posted by Brief187 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ThinkPad Tシリーズレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245054782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。