こちらはメインのBlogである”物欲パンツ”の書庫中心の内容になります。自分で実際に使用したもののレビューネタから閲覧頻度の高いもの、コメントが多かったもの等を選んで保存しています。若干の加筆修正をしたり、より詳細な新ネタの投稿も行っております。何かのお役に立てれば幸いです。

2013年02月27日

Chromebook PixelはThinkPadだったら良かったのに…

Googleから12.85インチ液晶なのに2,560×1,700ドットという高解像度の液晶を搭載したChrome OS搭載ノートPC「Chromebook Pixel」が発表されました。10万円を超える高級機としては、液晶以外の仕様は、CPUにCore i5(1.8GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB(DDR3)、32GB SSD(LTEモデルは64GB)などを搭載しています。



また、インターフェイスは、SDカードリーダ、USB 2.0×2、Mini DisplayPort、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 3.0、720p Webカメラ、音声入出力などです。



バッテリは59Whで、駆動時間は最大5時間。本体サイズは297.7×224.6×16.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.52kgとのことで、ChromeからOSを入れ替えてWindowsで使えるかどうかといえばどうなんでしょう?Linuxぐらいは動くんでしょうけど。



しかし、昔は、小さい画面なのに高解像度といえばThinkPadの専売特許のような感じだったのですが、Macbookにも先を越され、その他にも先を越され、今度はGoogleにまで先を越されすっかりLenovoは安物メーカーのようになってしまい残念です。



高品質なものであれば、少々価格が高くても売れるのは他のメーカーが証明しているので、LenovoにはThinkPad X300シリーズのような路線の物作りもしていただけたらなと思うのですが…
posted by Brief187 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノートPC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/332096226
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。