こちらはメインのBlogである”物欲パンツ”の書庫中心の内容になります。自分で実際に使用したもののレビューネタから閲覧頻度の高いもの、コメントが多かったもの等を選んで保存しています。若干の加筆修正をしたり、より詳細な新ネタの投稿も行っております。何かのお役に立てれば幸いです。

2011年01月03日

ThinkPad R50e HDD換装

年明け初のThinkPadネタですが、おかんから宿題をもらいました。おかんの使っているパソコンはThinkPad R50e 1834-HTJです。(自分での紹介記事はコチラ)どうやら最近、起動や、終了に数分単位でかかるようになってしまっているようです。見たところ、HDDが壊れかけの様子でした。




HDD換装が簡単なのがThinkPadの長所の一つなので今回もそのやり方を簡単に紹介するだけです。なお、ThinkPadが好きなだけの素人なのでわかりにくかったり、一部間違っているかもしれません、あしからずです。まず、HDDを換装、HDDにDtoDの領域を復元、OSを復元の手順で行います。まずはだいぶ数が減ってしまった2.5インチATA(IDE)のHDDを調達します。今回は家にストックしてあったTravelstar 5K160の80Gモデルを使うことにします。
IMG_1727.JPG




必要なのは、ThinkPad本体と、交換用のHDD、精密ドライバー、データ移行のためのATA-USB変換キットぐらいです。なお、変換キットはnovacのつなが~るKIT USBlightってのを使っています。
IMG_1731.JPG

IMG_1729.JPG




故障したHDDを引き抜くには、ThinkPadを裏返して、このネジを1本抜くだけです。ただ、1点注意が必要で、ThinkPadを完全に畳んだ状態だと、HDDの飾り蓋と、液晶パネルの枠の部分が干渉して引っこ抜けないので液晶パネルを起こした状態で作業をする必要があります
IMG_1733.JPG




引き抜いたHDDはこんな状態です。富士通のMHT4020ATが入っていました。これは4,200rpmのモデルなので5,400rpmのTravelstar 5K160に変えることで若干早く感じられるかもです。
IMG_1735.JPG




左右でブラケットと飾り蓋をHDD本体に固定するネジ4本を外し、HDDを交換した後で元通り組み立てます。簡単なので問題ないと思います。




リカバリ用のディスクは自分の場合は、CD-R1枚と、DVD-R1枚に取っていましたが、内蔵の光学ドライブがCD-RWなのでUSB外付タイプのDVD-RWを準備しました。こんな作業風景です。
IMG_1738.JPG




続いて、リカバリ用のディスクの1枚目であるCD-Rを入れて起動するのですが、そこで、この時代はAccess IBMボタンを押しながら起動します。
IMG_1743.JPG




あとはIBM Rescue and Recoveryが立ち上がり、出荷時コンテンツの復元を選択して、指示に従い作業を続けるだけでした。Windows XPのアップデートに数時間かかりましたが無事に作業が終了しました。それから、マイドキュメント、お気に入り等の引っ越しをしました。おかんも、パソコンの動作が早くなってサクサク動画が見れると喜んでくれたので良かったです。



タグ:thinkpad R50E
posted by Brief187 at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ThinkPad Rシリーズレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

ThinkPad R50e 所有機のレビュー

おかん用のノートPC ThinkPad R50eを紹介してみます。家族からノートパソコンが欲しいと頼まれ、安く入手したい場合に良い選択肢ではないかと思います。




我が家のものの型番はThinkPad R50e 1834-HTJです。送料込みで2万円ほどで買いました。R50eはR50の廉価版にあたるシリーズで、ドックとの接続コネクタが省略されてたり、ドライブベイのホットスワップが出来なかったり、コストダウンが目立ちますが前述のようにSofmapなどの中古ショップやヤフオクに多数の在庫があり買いやすい状態です。自分が買ったものの仕様は以下です。




CPU:Pentium M 1.6GHz
メモリー:512MB
HDD:40GB(DtoD有り)
ドライブ:CD-ROM
TFT:15インチ XGA
OS:Windows XP Professional
ネットワーク:無線LAN(b/g)、有線LAN
その他:USB
付属品:バッテリー、ACアダプター




今回はR50eまではしぼったものの、15インチXGAかつPentium Mモデルを探したために時間がかかりました。今中古で買うとしたらPentium MとCeleron Mの価格差はほとんどないのですが、当時は、Celeron M搭載14.1インチXGAモデルの1834-E4Jが89,800円、PentiumM搭載15インチXGAモデルの1834-HTJが171,150円とだいぶ価格差があったものです。(登場時のPC Watchの記事はコチラ)もちろんPentium MとCeleron Mでは格が違い、キャッシュが違うので体感できる差もありますから2,000円や3,000円程度の差しかない今ならPentium Mモデルに限ります。




また、ThinkPadの廉価版モデルの場合、無線LANが内蔵されていないって仕様はカードの非搭載だけでなく、LCD部分に内蔵するアンテナ自体が不存在となることがあるので注意が必要です。




さてと、届いたPCですが、天板に何本か傷がある以外は良品です。そもそもRシリーズの樹脂製の天板は丈夫なのであまり気にする必要がありません。

R50e1.jpg

続きを読む
posted by Brief187 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ThinkPad Rシリーズレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

ThinkPad R60 所有機のレビュー

今回のThinkPadはコチラです。ノートPCの購入を検討中で、ネットブックか、CULVノートPCか迷っている友人からの相談を受けました。なお、予算は4万円程度です。




用途はDVDのバックアップ、ポータブルオーディオのためにWindows Media Player、インターネットだそうです。画面の広いものが欲しいという条件があり、ネットブック、CULVノートPCが相次いで脱落し、通常の高解像度版ノートPCは予算的に厳しかったので中古ノートPCをおすすめすることにしました。いろいろ探した結果、ThinkPad R60にめぼしをつけました。せっかくならCore2世代と思い9455-BCJを狙ってみたのですが、予算が足りずCore世代の9455-35Jとなりました。仕様は以下のとおりです。




OS:Windows XP Professional SP2
CPU:Core Duo T2300E(1.66GHz)
メモリ:512MB
HDD:80GB
光学ドライブ:DVDマルチ
液晶:15インチSXGA+

DSCF3238.jpg

続きを読む
タグ:thinkpad R60 中古
posted by Brief187 at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ThinkPad Rシリーズレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。